札幌医科大学附属病院 心臓血管外科

札幌医科大学札幌医科大学附属病院
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科TOP 交通アクセスお問い合わせサイトマップ
研修医ブログ
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科の研修医が持ち回りで担当するブログです。

2007年10月28日

胸部外科学会(裏)報告

10月16〜19日にかけて,仙台にて開催された胸部外科学会へ参加させて頂くことができました.以前(5〜6年前?)東医体の帰りに数時間ほど立ち寄ったことがあったのですが,時間がなくて名物の牛タンを食べる時間がなかったため,今度こそはと息巻いて仙台駅へ降り立ちました.気候は北海道とそれほど変わらなくて,長袖の上着にジャケットを着て丁度よいぐらいの気温でした.到着時刻が遅かったので,初日は明日からの学会に備えて早々に眠ることとしました.

10月17日<学会初日>
会場の仙台国際フォーラムへ到着すると,全国学会なだけに若手医師から重鎮まで,すでにたくさんの先生方がいらっしゃっておりました.初日の日程はpostgraduate courseという教育講演と,ハンズオンセミナーという実技講習が開催されておりました.特にハンズオンセミナーでは冠動脈バイパス術・弁形成・弁置換術などの手技を,各分野のトップクラスの先生方が指導員として教えて下さるという極めて貴重なイベントだったのですが,準備不足で申し込みをしてなかったため参加することができませんでした・・・.せめて見学にでもと,樋上教授が指導者のチーフをなさっていた冠動脈バイパス術コースへ行き,同僚の上原氏ともの欲しそうな顔をしていると,樋上教授が「受講者のキャンセルがでたから心臓が1つ余ってるんや.特別に参加していいで」とおっしゃってくださり,なんと滑り込みで参加することができました.以前,教授は神奈川のwet laboにもつれていってくださいましたが,ここでもこんな貴重な機会を得ることができて本当にラッキー!!手(チョキ).前回のwet oboではバイパスの吻合を完遂できず悔しい思いをしましたが,今回はなんと2箇所吻合しリベンジすることができました.この満足感といったら・・・以後その日はずっと脳内麻薬が分泌されていました(笑)

<学会2日目>
この日から,本格的に各ブースで演題発表が行われました.シンポジウムで冠動脈バイパス術のグラフト選択について発表・議論がされているのを聞かせていただいたのですが,各施設によって,いろいろな考えか方・方法があるということがよくわかりました.各講演内容についてはJCで発表したのでここでは取り上げませんが,なるほどと思うことから,勉強不足でまだついていけないものなど多岐にわたった演題が発表されておりました.ちなみにこの日の夜は,念願の牛タンを堪能することができました.

<学会3日目>
この日もいろいろな演題を聞いてまわったり,同じ教室の先生方の発表を見に行ったりしてすごしました.また,帰宅日であり,講演内容と牛タンで頭とお腹がいっぱいになったところで仙台を後にしました.

初の全国学会参加ということで規模の大きさに圧倒され,また,各演題にいろいろな発見・驚きを覚えた充実した学会でした.このような貴重な機会を下さった教室の先生方,大変ありがとうございました.
posted by 研修医 at 02:44 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。