札幌医科大学附属病院 心臓血管外科

札幌医科大学札幌医科大学附属病院
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科TOP 交通アクセスお問い合わせサイトマップ
研修医ブログ
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科の研修医が持ち回りで担当するブログです。

2008年01月13日

循環動態に思いを馳せる


こんにちは.


中島(智)です.


今日は外の病院で当直中です.
ここ病院は救急病院であり,救急車がきます.
対応は上級医はおらず,常に判断は自分で行わなければなりません.
プレッシャーはありますが,適切な処置,判断ができたときは自信になります.


今日は90代の女性の方が,足がつったということで来院されましたが,
来院時には独歩可能であり,診察上問題ありませんでした.
『今朝,雪かきしてから少し病んでね』
とのことでした.
元気な年配の方を見て,こころ温まる感じがしました.


現在僕は心臓チームで診療に当たっています.
判断が甘いことがおおく,まだまだだなと感じます.
上級医の先生方には迷惑ばかりおかけいたしております.


循環動態について考えることは非常に興味深く,勉強したいなと感じます.
心臓の動き,輸液量,尿量,点滴の種類と量
全部をトータルに見れる目が必要だなと感じます.
ひとつの指標だけをうまくやろうとしても残りの指標がうまくいってなければ
循環動態は落ち着かないことが多々あります.
利尿剤,強心剤,輸液,電解質をトータルに考え,
循環動態が落ち着いたときは達成感を得ることができます.
何かが変動したときに対処する後追いではなく,
循環動態に思いを馳せ,先を読む循環管理を目指したいと考えます.


2008年に入り早くも10日が過ぎました.
日々の忙しさに流されることなく,一日ごとを大切に過ごしていきたいと思います.




posted by 研修医 at 10:35 | ☁ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。