札幌医科大学附属病院 心臓血管外科

札幌医科大学札幌医科大学附属病院
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科TOP 交通アクセスお問い合わせサイトマップ
研修医ブログ
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科の研修医が持ち回りで担当するブログです。

2008年04月06日

初めまして

手(パー)初めまして、4月から第2外科に入局することになりました、橋口仁喜と申します。よろしくお願いします晴れ
今後このブログは中島(智)先生のexclamation&questionブログから橋口のブログに変わりますので、そこんとこもよろしくお願いします。
 簡単に自己紹介をさせていただきますと、1980年3月21日に愛知県で生まれ、札幌医科大学入学から札幌にきました。そのまま、大学の初期研修で4ヶ月第2外科でお世話になり、1年間市立函館病院で研修を終えた後、晴れて札幌医大第2外科に戻ってきました。これから6ヶ月間は呼吸器外科チームでおせわになりますので、よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)
 去年の後期研修医ブログはちょっと堅い感じのブログだったそうなので、今年は軽いタッチで行きたいと思います。
 では初回なので、僕の独断と偏見による当科スタッフ紹介をしたいと思います。
 まず橋本先生からですが、顔はフィンランド人の、しゃべりは純ジャパニーズな感じの2年目研修医です。樋上教授を慕って、札幌までやってきた素敵な先生ですが、見た目も感じもパックンマックンのパックンの方です。2年目とは思えないほどの活躍を見せているので、負けないように頑張りたいと思います。
 次は、寺田先生です。寺田先生は5年目だったと思いますが、今日は当直で函館に行ってます。いつもは「今日も家に帰れないよーもうやだ〜(悲しい顔)」といいながらせっせとICUに泊まってます。飲んだときは少しいやらしい目をしながらしゃべっていますが、術場ではパワフルなsurgeonです。
 宮木先生は紅一点の女性心臓血管外科医ですが、教授のOPCABについての講演を聞いて、札幌医大第2外科に転身してきたという、思い切りのいい先生です。女性の心臓血管外科医見るのは初めてだったので、男勝りな感じの先生かと思ったら、意外に女性らしい先生だったので驚きがく〜(落胆した顔)でした。
 長くなってしまったので、今日はこのあたりで終了とさせていただきます。失礼な事を書いてしまっていたらすみません。続きはまたの機会に書きたいと思いますわーい(嬉しい顔)
それでは、これからよろしくお願いします手(パー)
posted by 研修医 at 13:54 | ☁ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。