札幌医科大学附属病院 心臓血管外科

札幌医科大学札幌医科大学附属病院
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科TOP 交通アクセスお問い合わせサイトマップ
研修医ブログ
札幌医科大学附属病院 心臓血管外科の研修医が持ち回りで担当するブログです。

2011年06月02日

アジア胸部外科学会

こんにちは,中島です.

北見ブログの更新が最近無くファンとしては寂しい限りです.

先日,アジア胸部外科学会に参加させて頂きました.

非常に勉強になりました.

アジアの中でも日本の技術力は高く,素晴らしい成績でありました.

今回はポスター発表でしたが,次回はオーラルセッションに挑戦したいです.


posted by 研修医 at 23:21 | 北海道 ☔ | 日記

2011年03月27日

ほろ酔い気分でいたら・・・

一昨日、ほろ酔い気分で自宅へ帰って、反省していたところで、
電話がきました。

何やら緊迫した電話でしたので、いそいそと病院へ向かっていったところ、
緊急手術でした。

心臓もとまり、瞳孔も散大していたので、とても助からないと思っていましたが、
上司の一括で手術開始。
夜中の手術で、ウイニングも大変でしたが、朝には手術が終わりました。

いつ再開胸になるかびくびくしておりましたが、
昼になったら、出血も止まり、意識が戻り始めていました。
手足も動いており、とても感動しました。

今年一番の手術を体験をさせてもらいました。
本当にすごかったです。

さて話はかわり、来月からは「研修医ブログ-北見編」が始まります。
北見市のグルメ情報を中心にまとめていきたいと思います。
それでは、みなさん一時さようなら。
posted by 研修医 at 10:50 | 北海道 🌁 | 日記

2011年03月09日

緊急手術と思いきや

昨日,お肉を食べに行く予定でした・・・
しかし,神様はどこかで見ているようでして,
そういう日の夕方には緊急手術の依頼がよく来ます.

今回は某〇〇〇〇〇〇病院からの依頼でしたが,来てみると,
どうもそこまで緊急でもないようで,精査してから日中に手術ということになりました.

夜中はマンパワーも少ないですし,集中力も低下するので,
日中に持ち越せることはとてもよいことだと思いました.

しかし,お肉は遠いどこかへ行ってしまい大変残念な思いをしました.

その悔しさをぶつけるために,「ハイカラ酒場」に行ってきました.
以前は北5条あたりにあったようですが,家事で南3条に移転してきたお店です.

沖縄料理と焼酎が多くそろえてあり,普段食べないものを食べてきました.

そのひとつが「〇ンポコ」で,牛の血管だそうです.
コリコリして,想定外のうまさでした.

みなさんもお試しあれ.
posted by 研修医 at 12:18 | 北海道 ☁ | 日記

2011年02月23日

留学

最近、日本では内向き志向が強まっていると言われているようです。
学生の留学希望者は減り、就職も安定傾向が強いようです。

第二外科も最近留学に行ったDrはいません。
しかし、最近、留学から帰ってきたDrや
これから帰ってくるDrはいます。

諸先輩方もほとんどが留学経験者であり、さまざまな話が聞けます。
直近の先輩方にも留学希望者はおり、それぞれ様々な希望があるようです。

広い視野を持つことはよい事だと思います。
言葉や文化の違いを経験することは、人間として大きく成長する機会になるのだそうです。

自分は留学するならインドと思っています。
理由は特にありませんが・・・

みなさんはどうでしょうか?

取り敢えず、留学に向けて
そばに唐辛子をたくさん入れる日々が続いています。

posted by 研修医 at 16:58 | 北海道 ☁ | 日記

2011年02月19日

睡眠時間平均4時間

こんにちは中島です.
仲澤先生はいつも頑張っており,今後が楽しみであります.今後の活躍を期待しております.ブログと食べ物日記今後も楽しみにしています.

さてさて僕は,今日は外の病院で当直であります.当直業務の時間の合間には普段出来ていない仕事をします.例えば,学会準備,論文準備,教科書を通読するなどです.そしてたまに息抜きに本を読みます.本を読むのは非常に面白いです.著者の考えを自分の中で解釈して自分の考えと照らし合わせそれを消化する.著者の考えと自分の考えとの対話であり,少しでも自分の成長の糧になればなと思います.

今日は嬉しい事がありました.以前一緒に働いていた方が勤務日ではないのに当直室までわざわざ出向いてくれました.近況を御互い話しましたが,有意義な時間でした.

今日も宿直です.樋上教授自身は平均時間4時間程度の睡眠時間とおっしゃっていました.先生を見習って負けずに勉強したいと思います.では,またの機会に.
posted by 研修医 at 21:58 | 北海道 ☀ | 日記

2011年02月16日

大動脈解離

最近,大動脈解離が多いです.
緊急手術になる場合も多く,大変です.

しかし,運よく手術をしないで済む方もいます.
それでも,しばらくは安静臥床を続けなければならず
とてもストレスがたまります.

大変そうです.

やはり予防が大事だなと思う今日この頃です.
減塩して血圧を下げることは大切です.
脂肪を取りすぎないことも大切ですね.

さて,この間千日前に久々に行きました.
しょっぱくて脂っこかったですが,とてもうまかったです.
やはり予防も大変だなと思いました.

大動脈解離は怖い病気ですね.
posted by 研修医 at 13:47 | 北海道 ☁ | 日記

2011年02月09日

がんばれ!

先日医局説明会でした.
来てくれた学生さんはみな熱心で,自分も飲みすぎでしまいました.

しかし,ポリクリで学生さんに触れていると,こんなに熱心な学生さんは稀で,
ポリクリは人並みで終わらせたい,選択ポリクリは,
国試の勉強をしたいからほどほどにしたいなどといった印象を受けます.

確かに,選択ポリクリがあり,初期研修先への見学もあり,
卒業試験の勉強もある上に国試の勉強は大変かもしれませんね.

しかーし,「忙しい」は言いわけです.
「ストレスなくして成長なし」です.

がんばれ学生!
がんばれ自分!

posted by 研修医 at 14:18 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月28日

手術トレーニング

こんにちは,中島智です.
今日は手術トレーニングを樋上教授指導の下させて頂きました.
非常に恵まれた環境を与えてもらったことに感謝し,また御手伝いいただいた方々に感謝であります.

自分自身としては
手術の流れがまだつかみきれていないこと
トラブルシューティング不足
上級医の真似ができていないこと
など問題は山積みでした.

以前にもトレーニングに参加させて頂きましたが,参加するたびに自分の実力の無さを痛感してしまいます.
けど,悲観ばかりしていても何も進まないので今日の復習をして,手技の練習をして
御飯をたくさん食べて明日に備えるのみです.


posted by 研修医 at 21:45 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月26日

スーパーローテーション

最近、中島先生からコメント頂いている仲澤です

最近の初期研修は短くなっているようですね。
自分は2年間かけて内科とその他の科をまわりました。

しかし、現在その知識のほとんどは使用していません。
残念です。

しかも、昔の3年目といえばそれなりに仕事ができるようになっているのに
自分は、昨年から胸部外科研修を開始しましたので、昔の3年目の医師ようには働けません。
非常に残念です。

最近、全くメリットを感じない初期研修。
全くもって残念です。


さて、先日「銀のさら」のお寿司を食べました。
以前はよく「花まる」や「なごやか亭」「鬼が島」などに行っていましたが、
最近は、外出する時間がもったいなく取り寄せで食べています。
でも、なかなかうまいですね。

また、最近はケーキも出前してくれるようで、きのとやはケーキを出前してくれるようです。
これもなかなかうまいです。
みなさんお試しあれ。

posted by 研修医 at 16:06 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月22日

当直先にて

こんにちは.中島(智)です.
英会話お疲れ様でした.僕も英会話参加したいですが今週は当直でした.会話ができるってホント大切ですよね.以前,海外に行って料理屋さんにいってカニを1つ下さいと『This one please』とメニュー表指して伝えたら,カニが1kg出てきたことがありました(笑)

posted by 研修医 at 19:26 | 北海道 ☁ | 日記

英会話

昨日、第二外科英会話教室が開催されました。
講師は日本に留学中の韓国系アメリカ人のテッドさん。
精神科に勉強に来ているそうです。

アジア系の顔立ちのため安心していたところ、
英語しか話してくれませんでした。
英会話教室なので当たり前ですが・・・

さて結果は、会話になりませんでした。
単語も浮かばないし、文章もめちゃくちゃだし残念でした。
最近有名な「すぴーどらーにんぐ」をしばらくやっていたのですが、太刀打ちできず、
合計13年に及ぶ学校での英語学習歴は意味をなしませんでした。

今回の英会話教室で得た事は、雰囲気は大事だなということでした。
ps「皆さん参加しましょう」とのことでした。
posted by 研修医 at 11:56 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月21日

いためし

最近のブログを更新していた仲澤です.
先輩が名乗っているので,自分も名乗ることになりました.

さて,先日いためしを食べてきました.
お店は「塩豆」
食べログで量が多めと書いてあったので,楽しみにしていきましたが,
確かに量は多かったです.

飲み放題コース3690円で前菜のカルパッチョ,牡蠣のトマト煮,肉料理,魚料理,ピザ,パスタと
本当におなかいっぱいになりました.

今度はランチでも行ってたいですね.

さて,話は変わって,第二外科の某先生が飲み会の後によく行くお寿司屋さん「第三写楽」
いつも酔っているので,よくわからないのですが,先日,後輩の接待に使いました.
なかなかおいしかったですし,お財布にもやさしかったです.
posted by 研修医 at 12:50 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月16日

こんにちは

3年ぶりにブログ書きます.中島(智)です.

外科医となって早くも四年目です.四年が経とうとしている今,自分の実力も分かり現実も見えるようになりました.自分に足りないこと,克服しないとならないことなど課題は山積みですが,外科医としての手術手技のポイント,勉強の仕方など分かったことも少しですがあります.ようやく『分からないトコロ』が分かるようになった状態です.外科医として様々な施設で勉強させてもらい,外科医は不断の努力が本当に大事だなと日々感じております.最近は疲れてすぐ寝たい日でも本を読んだり,頭の中で最低一つは血管吻合を終わらせたりしてから寝るように心がけるようになりました.たまに糸が絡まってしまい,吻合し直してから寝ています.
今年もはじまったばかりですが外科医としてレベルアップしていきたいです.

PS:週末,札幌は大雪でした.
posted by 研修医 at 22:25 | 北海道 🌁 | 日記

2011年01月10日

過去の日記

昔の日記を見れるようにしました.
ご参考ください.
posted by 研修医 at 11:22 | 北海道 ☀ | 日記

ファミリーマート

ご飯の出ない大学当直では,食料をいかにして確保するかが重要です.
主な方法は以下の4つが報告されていいます.

1:出前を頼む
2:ファミリーマートで買う
3:スターバックスで買う
4:田淵先生の非常食と冷凍おにぎりを食べる

4は非常時の方法なので,通常は1〜3となるわけですが,
自分はファミリーマート派です.

出前は温かいご飯が食べれるのですが,時間がかかるのが難点です.
食べたい時,食べれる時に食べれることがコンビニ飯の良い点ですが,
たまに行き損ねることがあります.

土日は17時までしか営業していないからです.
さみしい限りです.

最近は,よくスパゲッティーとスープを食べます.
最近のコンビニパスタはうまいですね.
自分のお勧めは鶏肉とトマトソースのパスタです.

最近の不満は日清のカップラーメンライトシリーズが姿を消したことです.
よく食べていたので非常に残念です.

なにかおいしいメニューがあったら是非教えてください.
posted by 研修医 at 11:07 | 北海道 ☀ | 日記

2011年01月07日

お寿司屋さん

行ってみたいお寿司屋さんがあります

それは金寿司。
場所は北海道札幌市中央区北二条東7 で札幌ファクトリーの近くです
営業時間は21:30までのため飲んだ後には行きづらいですが、
一回は行ってみたいお店です。

また、もう一回行ってみたいお寿司屋さんはすし懐石 柿八
場所は 北海道札幌市中央区北5条西13丁目で、桑園駅と植物園の間のです。
こじんまりとした落ち着いた店内ですが、おいしいお寿司とちょっとしたつまみが食べれます。

二つともなかなかコストパフォーマンスがよいとのうわさです。

医局説明会が近い時期です
入局してくれてたら、行けるかもしれませんね。
posted by 研修医 at 19:55 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月06日

医局説明会

1月31日に選択ポリクリ向けの医局説明会があります.

お店はまだ決まっていませんが,医局の雰囲気を感じるにはとても良い機会だと思います.
教授をはじめ,准教授,医局長のありがたいお話や,
末端の我々のマル秘トークなどが直に聞けます.

さて,1月より血管チームに研修医のDrが来ていますので,昨日チームで歓迎会をしました.
行く予定だったのは「宮崎地鶏ぢどりや日向」
地鶏鍋がうまいお店で,寒い冬には持ってこいだったのですが,残念ながら満席でした.

そんなわけで,血管チーム行きつけの「ななやか」にいきました.
焼き鳥うまかったです.
posted by 研修医 at 21:15 | 北海道 ☁ | 日記

2011年01月01日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます.

さて,2010は皆さんどんな年でしたでしょうか?

自分は4月から札幌に帰ってきて,忙しい日々を過ごしてきましたが,
少なからずすすきのにも行く機会がありました.

おいしいお店ばかりでしたが,
一番印象的であったのは,すき焼きしゃぶしゃぶ三光舎でした.
お弁当でおなじみですが,高いだけあってやはりうまいです.

また,大学の近場ですと季楽処 創海亭 はリーズナブルですが,
うまい刺身がたくさん食べることができました.

今年もおしいものをたくさん食べて仕事を頑張っていきたいと思います.
posted by 研修医 at 12:09 | 北海道 ☁ | 日記

2010年12月29日

納会

昨日、納会でした。
医局員全員が2010年の業績を発表しました。
自分は2/4で打率5割

自分としては
手術に関しても、病棟業務に関しても、学会活動に関しても課題の多い1年でした。
まだまだかなという実感です。


さて、話は変わってその後の打ち上げ。
自分は当直のため飲酒できず。
水の水割りを飲んでいましたが、さびしいものです。

そんなときに役に立つのがキリンフリー!
今年は大変お世話になりました。

巷ではサントリーオールフリーの方が人気があるとの報告も見受けられますが、
元祖ノンアルコールはキリンフリーではないでしょうか。

では、みなさんよいお年を。
posted by 研修医 at 09:37 | 北海道 ☁ | 日記

2010年12月24日

函館

本日はクリスマス

みなさんケーキとプレゼントが楽しみな日だと思いますが,
われわれ,下級戦士は北海道の地方に派遣されます.

悲しいかなクリスマスは函館で缶詰です.

では,みなさん良いクリスマスを!
posted by 研修医 at 13:16 | 北海道 ☁ | 日記

2010年12月23日

緊急手術・・・

本日朝方,大動脈破裂で緊急手術になるとの連絡で起きました.

結果としては緊急手術になる前に患者さんはお亡くなりになってしまいましたので,
手術には至りませんでしたが,破裂すればその9割が命を落とすと言われている動脈瘤は
改めて怖いなと思いました.

さて,この前飲みに行ったビール酒場のご紹介です.

行ったお店は世界のビールのお店 BEER INN 麦酒停

世界のビールが飲めます
フライドポテトやナンタコスがハイカロリーでしたが,とてもうまかったです.


posted by 研修医 at 10:05 | 北海道 ☁ | 日記

2010年12月22日

お肉

昨日,選択ポリクリの説明会がありました.
第二外科のプロモーションビデオはそれなりに好評で
スタンディングオベーションで終了しました.

さて,そのままの勢いで学生さんと飲みに行きました.
行ったお店は「ケルン.Annex」

某I先生の評価は「コストパフォーマンスが高い」
某K先生の評価は「なかなかうまい」でした
おいしかったです.

しかし,後で調べてみたらチェーン店だったんですね

また行ってみたいですね.
posted by 研修医 at 14:32 | 北海道 🌁 | 日記

2010年12月21日

再開しました

ブログ再開しました。
若手の日常を書いていきます。
posted by 研修医 at 16:58 | 北海道 ☀ | 日記

2008年05月03日

士幌から

 こんにちは、橋口です晴れ今日は士幌で当直中です。昨年までは小柳先生が来ていたようで、僕なんかの若造が来てしまって、少し申し訳ない気がしますが、第2外科の名を汚さぬよう頑張りたいと思います。
 士幌は連休中で他の病院がやってないせいか、士幌のほとんどの方々が救患でやってきます。今日は救急車まで来ました。熱性けいれん重責発作のお子さんでしたが、休みで採血もレントゲンも取れないため、小児科での経験を生かして取りあえず痙攣を止めた後、2次輪番病院へ送ってしまいました。理学所見しかデータがなかったので、転送先の先生には少し嫌な顔されましたががく〜(落胆した顔)去年は函病で、常に転送を受ける側だったので、初めて転送する側の気持ちがわかりました。これから、大学で急患を受けるときは、快く対応したいと思いました。ま、あんまり快く受けすぎると臨時手術ばかりになって、寿朗先生に怒られそうですが・・・ふらふら
 今日もいい天気で病院にこもっているのはもったいない気がしますが、日ごろ雑務に追われできてない勉強ペンをしたいと思います。では、明日札幌に戻ります電車
posted by 研修医 at 13:41 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月27日

同門会歓迎会

 こんにちは、橋口です。しばらく更新をしていないうちに、3週間ぶりの投稿となってしまいましたがく〜(落胆した顔)先週は教室歓迎会、同門歓迎会と歓迎会が続き、第2外科に入ったことをやっと実感しました。このブログを書くのは2回目ですが、病棟の看護師さんや教室の先生、同門の先生方など予想外に多くの人が見ていることを聞いて、驚いているのと、少しプレッシャーを感じています。みなさんの期待に応えられるよう、今週からは少なくとも1週間に1回ぐらいは書くようにしたいと思っております。
 そういうことで、昨日は同門会歓迎会だったわけなのですが、神戸大学の大北教授を招いての講演会でスタートしました。大北先生の講演は大動脈基部置換についてでした。Bentall手術やヤクー法などについてのお話でしたが、まだまだ勉強不足でわからないことだらけでした。しかし、そんな中で一番に質問をしていたのは、前ブログ管理者の中島(智)先生でした。中島先生は僕の予想通りとても勉強されているようで、僕も見習わなくてはと思いました。僕が質問していたら、「45分・無輸血でBentallは可能なのか」って危うく医龍の話をしてしまいそうでした。
 ところで、もう札幌も桜が散り始め、今週からはゴールデンウィークが始まります。僕ら下の人は当直5連泊だったり4連泊だったりと、本当にゴールデンな1週間ですが、たくさん勉強できる期間だと考え、頑張って働きたいと思います。では次回は士幌から書き込みをしたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by 研修医 at 23:01 | ☔ | Comment(0) | 日記

2008年04月06日

初めまして

手(パー)初めまして、4月から第2外科に入局することになりました、橋口仁喜と申します。よろしくお願いします晴れ
今後このブログは中島(智)先生のexclamation&questionブログから橋口のブログに変わりますので、そこんとこもよろしくお願いします。
 簡単に自己紹介をさせていただきますと、1980年3月21日に愛知県で生まれ、札幌医科大学入学から札幌にきました。そのまま、大学の初期研修で4ヶ月第2外科でお世話になり、1年間市立函館病院で研修を終えた後、晴れて札幌医大第2外科に戻ってきました。これから6ヶ月間は呼吸器外科チームでおせわになりますので、よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)
 去年の後期研修医ブログはちょっと堅い感じのブログだったそうなので、今年は軽いタッチで行きたいと思います。
 では初回なので、僕の独断と偏見による当科スタッフ紹介をしたいと思います。
 まず橋本先生からですが、顔はフィンランド人の、しゃべりは純ジャパニーズな感じの2年目研修医です。樋上教授を慕って、札幌までやってきた素敵な先生ですが、見た目も感じもパックンマックンのパックンの方です。2年目とは思えないほどの活躍を見せているので、負けないように頑張りたいと思います。
 次は、寺田先生です。寺田先生は5年目だったと思いますが、今日は当直で函館に行ってます。いつもは「今日も家に帰れないよーもうやだ〜(悲しい顔)」といいながらせっせとICUに泊まってます。飲んだときは少しいやらしい目をしながらしゃべっていますが、術場ではパワフルなsurgeonです。
 宮木先生は紅一点の女性心臓血管外科医ですが、教授のOPCABについての講演を聞いて、札幌医大第2外科に転身してきたという、思い切りのいい先生です。女性の心臓血管外科医見るのは初めてだったので、男勝りな感じの先生かと思ったら、意外に女性らしい先生だったので驚きがく〜(落胆した顔)でした。
 長くなってしまったので、今日はこのあたりで終了とさせていただきます。失礼な事を書いてしまっていたらすみません。続きはまたの機会に書きたいと思いますわーい(嬉しい顔)
それでは、これからよろしくお願いします手(パー)
posted by 研修医 at 13:54 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年04月03日

ありがとうございました。

こんばんは、上原です。

4月になったので、もうこのブログを書けなくなっているのではないかと心配したのですが、まだ間に合って良かったです。

札幌医科大学の第2外科に入局してあっという間に1年間が過ぎました。この1年間はこれまでの人生の中で一番あっという間に過ぎた1年間でした。
4月に北海道へ来て、土地勘も全く分からないまま、最初の週末に名寄の病院へ当直に行き、名寄の当直室から沈む夕日を見て「日本の北まで来たんだな...ここまできたからにはがんばろう。」としみじみ思いました。
それからの1年は同期の4人で夜は出前を取り病院へ泊まる日々でした。

心臓血管外科として全くの初心者である私たちに手術中はもちろん、そうでない時も日々の過ごし方、時間の使い方、ものごとの考え方などをどの先生もとても熱く指導して下さり、これから私たちが目指す姿を見せて下さいました。

私は4月から手稲渓仁会病院という病院で働く事になりました。
これから1年間また新たな気持ちで学んで行きたいです。

樋上先生をはじめ、第2外科の先生、病棟の看護士さん1年間ありがとうございました。
また、大学に戻ってきます。
                 上原麻由子
posted by 研修医 at 20:30 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年04月01日

お世話になりました

こんにちは。

札幌医大第二外科で3年目の臨床研修をさせていただいた柳清です。

この1年間忙しいながらも充実した日々を送れたのではないかと思います。

樋上教授をはじめ、指導してくださった先生方、病棟および術場の看護師の方々、MEの方々には大変感謝しております。

次にお会いするときにはもっと成長した姿を見せることができればと思います。

ありがとうございました。








ちなみに、転勤先で至急されたPHSも大学病院とまったく同じでしたがく〜(落胆した顔)
posted by 研修医 at 18:18 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年03月30日

感謝の気持ち


こんにちは,中島(智)です.


この出だしで始まるブログも今日で卒業です.
4月からは新たな後期研修医の先生がこのブログを継続してくれます.



今年一年は先生方の心の熱さに本当に心を打たれた一年でした.
僕もこうなりたいと思う尊敬できる先生にたくさん出会えました.


樋上先生をはじめスタッフの先生方には大変御世話になりました.
少しでも大きくなって大学に戻って来たいと思います.


病棟の看護師さんも本当にありがとうございました.
日常もですが急変時などには本当に御世話になりました.
第2外科は激務ですが,本当に助けて頂きました.
感謝しております.
僕自身は口下手で,無口で申し訳ありませんでした.
次回,大学に戻ってくるときはもう少し社交的になりたいと思っています.


最後の最後まで内容がまとまらず申し訳ありません.
最初は義務感で書いていたブログですが,途中からは自分の考えをまとめる場としていた気がします.
第2外科教室での出来事,印象に残った先輩の行動,発言を聞いて感じたことを自分なりの思いを自分の言葉で表現したつもりです.
今後もこの経験を活かし,自分の思いを大事に言葉にしていきたいと思います.


それでは,この辺で中島(智)の研修医ブログは終了です.
お付き合いいただいた皆様どうもありがとうございました.
4月からの後期研修医の先生方宜しくお願いいたします.



posted by 研修医 at 22:52 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年03月22日

WET LABO 報告記

こんにちは.中島(智)です.
ごぶさたしております.


先日,樋上先生の御厚意によりふたたびWET LABOに参加させて頂きました.
機会に本当にめぐまれ僕は今年3回目の参加でした.
留守の間,医局員の先生方にも大変迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした.



田淵,柳清,中島の3人で参加させて頂きました.
豚にてOPCABをさせて頂きました.
3回目になるとわからない,経験が少ないという言い訳など通用しません.


LITAーLADを吻合しました.

LITAのskeltonaizeは前回と比較して,時間が短くなりました.加えて中枢側と末梢側の剥離範囲が長くなりgraftの自由度は高かったです.しかし周囲組織の剥離は納得のいくものではなかったです.
田淵先生のskeltonizeしたgraftはきれいに剥離されており,負けていられないと思いました.


吻合に関しては改善点が多々ありました.
吻合の運針のイメージはあったのですが,組織の深さまではイメージできておらず
周囲の機械に手が当たったりして思ったように運針できず非常にはがゆかったです.
次回の手術からは術者の針の把持の仕方,運針の方向をすべて盗まなければなと思いました.
吻合後leakがありましたが,additionalを加え止めることができました.
flowも良好であり,心室細動,心停止はさけることができました.


今回,柳清先生とともに手術に臨みました.
柳清先生は手術のplannningが非常によく運針にも迷いがありませんでした.


田淵先生,柳清先生に負けられないと強く思った今回のLABOでした.
樋上先生はgraftのskeltonizationから吻合まで30分で終えました.
目標は高く樋上先生を今後の目標にしたいと思います.
今後,今回のように同期でこのような機会にめぐりあえることはほぼないと思います.そう思うと今回のLABOは非常にいい経験になりいい思い出になりました.


来年からみんな違う施設にいきますが,機会があればぜひともLABOに参加できればと思います.
樋上先生宜しく御願いいたします.


田淵先生,柳清先生,上原先生今年一年どうもありがとう.
同期なので今後一緒の病院で働く機会は少ないと思います.
4人で話ができる機会も少ないと思います.
けど,いろいろ今後も相談して切磋琢磨できる仲間になれると考えています.
ともに目標に向かって頑張りましょう!!


DSCF0936.JPG
いつも以上に真剣な田淵先生


DSCF0928.JPG
集中してskeltonizeする柳清先生


DSCF0925.JPG
中島(智)

DSCF0933.JPG
LITA-LAD吻合後
手は柳清先生がRITAのtrimingをしているところです


posted by 研修医 at 23:01 | ☀ | Comment(0) | 日記

2008年03月03日

徒然に

中島先生,おじゃまします.田淵です.
 久しぶりのブログになります.
 博多で行われた心臓血管外科学会では,以前お世話になった先生方や同級生に会えたほか,福岡の名物料理を味わい,満開の梅が咲く大宰府天満宮にも行けたので,大変満足でした.学会では文献では得られない新しい知識を得られただけでなく,モチベーションも高められ,とても新鮮でした.
 昨年4月より早いものでもうすぐ1年が経ちます.いろいろありましたが,本州から北海道に来て,医師不足の深刻さと大学病院の老朽化に驚きました.北海道の財政の問題もあるとは思いますが,独立法人化した大学付属病院が北海道の医療の中心となり,地域の患者さんの拠り所になれるように願うばかりです.
 私は,今年で大学を離れ,外の病院で勉強することになります.この1年間,大学病院特有の多忙な環境で,熱心に指導してくださった先生方に心よりお礼を申し上げます.そして,私たち未熟な医師のためにご協力いただいた患者さまに心より感謝しております.
 皆様,ご自愛のほどを.
posted by 研修医 at 19:07 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月29日

閏日の今日に


こんにちは,中島(智)です.


今日は2月29日と4年に一度の貴重な閏日です.
1年は実際には365.242199日であり,暦をあわせる必要があるために
4年に1度,2月29日はあるのです.



それはさておき
現在,僕は外の病院の当直に来ております.
慢性期患者様が主に入院されている病院です.
病棟の術後急性期患者様とは違い病態の日々の変化は少ないです.
しかし,発熱される方がおられます.
重症肺炎などにならないように上気道炎症状から発見が必要になります.
その為に日々の診察は重要だなと考えます.
患者様の訴え,体温,全身の状態,食欲など
急性期でも慢性期でも患者様を診るということに関してはどこの病院においても
一緒なんだなと感じるようになりました.



昨日は,時間があり,ドラマの『白い巨塔』を見ました.
唐沢演じる外科医財前,江口が演じる内科医里見
全くタイプの異なる二人の演技は今見ても面白いです.
外科道に突き進む財前は今みると一層輝いて見えました.



2月ももう終わりです.第2外科に来てから11ヶ月が経ちました.
はやいものです.
来月を過ごせば4月からは新しい環境に飛び込みます.
不安と期待の入り混じった感覚です.
4年後の閏日は僕はどこの病院で何をやっているのかなと思いながら
今日のブログを書いてみました.
ちなみに4年前は国家試験勉強をしていたと思います.


みなさんは4年後の今日どこで何をしている自分が想像できますか?


PS:2月末の札幌は大雪で交通マヒも起こるほどでした.
自家用車も再び雪の下に埋もれてしまいました.


posted by 研修医 at 21:18 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月24日

コメント


こんにちは中島(智)です.


先日,鹿屋の木村先生からブログに対して再度コメントを頂きました.
どうもありがとうございます.


ブログ内容に磨きをかけ木村先生のブログに負けないようにがんばります.


PS:札幌はこの二日間大雪でした.


posted by 研修医 at 17:27 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月23日

学会報告記 in 福岡


こんにちは,中島(智)です.


遅れました,福岡学会報告記の続きです.



学会発表は前日深夜までの伊藤先生の御指導のおかげでなんとか形になりました.
伊藤先生,川原田先生本当にありがとうございました.



学会会場では今回僕は,ステントグラフトのセッションを中心に聞いてきました.
ステントグラフト治療の普及によりステントグラフト隆盛の時代となりつつあると
外科1年目の僕でも感じました.
open surgeryとの組み合わせ治療によりさらにステントグラフトは今後の血管治療の中心となりそうです.



一番印象に残った演題は,『腹部大動脈人工血管治療後にガムをかませることで腹部蠕動運動をよくする』
とのものでした.
腹部大動脈瘤術後にガムを噛むと腸蠕動がよくなり,排便と排ガスまでの時間が有意に短縮するとのデータでした.
腹部外科領域では有名な話なようです.



今回,学会で感じたことは自分の本の上での勉強不足と技術の研鑽不足でした.
本を読んで手術術式を勉強しなければと思いました.
正直まだまだ勉強不足であり,メイン会場でされているような高尚な話はまだ理解できる段階ではありませんでした.
なぜ術式がこれがいいのかという討論は僕にはほとんど理解できませんでした.
けど,次に来るときまでは少しでも勉強して理解できるようになりたいなと思いました.



それと各発表の手術ビデオを見て,糸の縫合,結紮が本当に滑らかなのに感銘を受けました.
2倍速でビデオが流れているように感じる手捌きは本当に心に残りました.
最近,病棟業務で忙しいときは糸結びの練習を怠りがちですがこれではいけないなと自己反省でした.



今回の反省を活かし,
勉強し知識を深め
技術を磨き
これからの臨床に活かして行きたいと思いました.


いつもですがとりとめのない話になってすいません.


最後にこのような全国学会の機会を与えてくれた樋上先生の御厚意に感謝です.
教室員の皆様にも本当に御迷惑をおかけしました.
これからの臨床に活かして恩返しにできるように日々研鑽に励みたいと強く思いました.

DSCF0912.JPG
↑川原田先生

DSCF0912.jpg
↑川原田先生 アップ


DSCF0916.JPG
↑山内先生

DSCF0917.JPG
↑伊藤先生

DSCF0918.JPG
↑中島(智)

posted by 研修医 at 23:46 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月19日

学会報告記 初日 in 福岡


こんにちは,中島(智)です.


全国学会に参加させていただいています.
大学に残っている先生方には迷惑をおかけいたしております.


本日は卒後教育セミナーにて勉強をしてまいりました.
心筋症,大動脈瘤,末梢血管疾患等,各分野の先端の治療について勉強してまいりました.
学会会場の様子をお分かり頂ければと思い写真を添付します.


明日からが学会本番です.
僕も発表させていただきます.
札幌医大の名に恥じぬようにやりたいと思います.


学会会場にて写真を撮り,毎日ブログを更新したいと意気込んでおります


DSCF0908.JPG<

学会会場です

DSCF0909.JPG

本日の会場内です.


2008年02月10日

予演会


こんにちは,中島(智)です.


今日は学会発表についてです.


2月は学会シーズンであり学会の準備に忙しい時期です.
学会準備があるから,普段の日常病棟に変化があるわけではなく,いつもと変わりません.
ですから,時間の遣い方がいつも以上に大切になってきます.
時間をつくるのは,自分自身で行わなければなりません.
手術日との兼ね合い.当直との兼ね合い.自分の体力との兼ね合い.
当直明けで疲れているところで,準備をしても効率は悪いです.
空き時間を自分でつくり出し,その短い時間で準備を進めることが大切になります.


上級医の先生にはその時間のつくり方が,外科医としての手術マネージメントとして大事だと言われました.
外科医としての修練だと思い,時間をできる限りつくり準備をしております.


第2外科は全国学会,地方会を含め必ず予演会(学会の予行演習)を行います.
学会発表前に,実際の発表形式で医局員の前で発表を行います.
樋上教授,渡辺敦先生をはじめ海外の学会を含め数多くの学会を経験されている
医局員先生方の教示は大変勉強になります.
内容は当然のことながら,スライドとしての見やすさなども指摘していただいて本当に勉強になります.


僕自身は,スライド作りは好きです.
しかし,アニメーションや文字色などに重きがいってしまうことも多々ありまして
内容の研鑽に重きを置かなければと思います.


来週に予演会があり,来週末から地方会を含め発表が始まります.
全国学会にも参加させていただきます.
まずは,予演会にむけてしっかり準備したいと思います.


PS:さっぽろは雪祭り最中で,街中にはたくさんの人であふれかえっています


posted by 研修医 at 16:42 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月03日

血管チーム

お久しぶりです。上原です。
ブログをぜんぜん書いていなくてすみませんでした。
このブログを見てくださるようになった方たちも、ブログがぜんぜん更新されないので、見て下さらなくなったかもしれませんが、残り2ヶ月間日々のことを少しでも書いていきたいです。

今、私は血管チームにいます。血管チームは大血管の手術から透析用のシャントの手術までとても幅広く手術をしています。加えて、最近は緊急手術が多く、毎日てんてこまいです。
仕事が終わって家に帰ろうと思っても家に帰るのが面倒くさくなって病院のソファーで寝てしまうことがたびたびあり、どんどんだらしない格好になってきています。
第2外科の先生たちはどんなに緊急手術の後で疲れていても白衣をきちんと着て回診をするのですが、私は昨日着ていた、作業着ともとれる診察衣のままなので、もっときちんとしなければいけない、と思う日々です。
posted by 研修医 at 12:07 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年02月02日

同僚


こんにちは中島(智)です.


先日,4月からの人事異動の発表がありました.
僕,中島は札幌市内の関連病院にて御世話になることが決まりました.


札幌市外に出ると思っていただけにちょっと拍子抜けした感はあります.
けど,新しい環境に出ることには何ら変わりありません.
新しい環境に馴染めるかはプレッシャーであります.
けどそのプレッシャーを跳ね返す気持ちが今後外科を続けるためには必要です.
はやく新しい病院に慣れるようにがんばるしかありません.


後期研修医もそれぞれ行く先が決まりました.
みんなそれぞれの地でがんばるわけです.
この一年でいろいろなことを共有しあい,すごく仲良くなれました.
『戦友』といった感じです.
あと2ヶ月間ですが,協力し合ってがんばりたいと思います.
4月からも連絡を取り合い,互いに切磋琢磨してゆきたいと思う大切な同僚です.


4月の異動が決まりましたので,研修医ブログを書くのもあと少しです.
残りの期間は短いですが,日常思うことを引き続き書いていこうと思っております.
どうぞ宜しく御願いします.


PS:2月は昨年の自分が第2外科に入ろうと決めた時期であります.
迷っている初期研修医の先生方がおられましたら,いつでも第2外科に
見学に来ていただきたいと思いますし,メールでも下さればと思います.


posted by 研修医 at 18:05 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年01月31日

一日一歩


こんにちは.中島(智)です.


一月も終わり2008年もはやくも1ヶ月が過ぎました.
早いです月日の経つのは本当に.


札幌は大雪が降り,車が埋もれて大変なことがありました.
除雪におおよそ1時間程度費やしようやく車が日の目を見ました.
その写真を添付します.


冬という季節柄もあり,緊急手術が大変多くなっております.
やはり緊急時にでも上級医の先生方は熱い心をもって手術に臨んでおります.
自分はまだまだだなと思いますが,追いつきたいなと思います.


1月からの心臓チームでの診療はプレッシャーもありますが,
治療方針を自分で決め,患者さんが元気になっていく姿を見ると喜びも大きいです.
後追いの治療ではなく,先を読む治療ができるようになればと思います.


樋上先生の手術哲学を直接聞いて手術に入れることも非常に勉強になります.


自分のやれることを確実にやり,その上で一日にひとつ何かを身につけて
レベルアップして行きたいと思います.



200801271450000.jpg

↑↑↑
車が埋もれた状態の写真です.
posted by 研修医 at 18:15 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年01月20日

吹雪の札幌に南国鹿児島からのお便り



こんにちは.


中島(智)です.


今日は,うれしいおしらせがありました.


以前に書いた『これからもどうぞよろしくおねがいします.』に書き込みがありました.
なんと,鹿児島の鹿屋市の病院に勤務の木村先生からでした.
研修医の上原先生と共に,木村先生方のブログも病院でじっくり拝見させていただきました.


ブログの影響力に驚かされました.
確かにインターネット環境さえあれば,日本はもちろん,世界中どこでもこの研修医ブログを目にすることができるのですから当然なのかもしれません.


木村先生方の研修医ブログは内容が深く,我々ももっと内容を深めたいと感じました.


札幌は昨日から大雪であり,車も埋まるほどでした.
本格的な冬に突入しました.


時期的なこともあり,緊急症例が多くなってきています.
外は寒いですが,心は今まで以上に熱く過ごす時期が来たような気がします.



posted by 研修医 at 00:53 | ☀ | Comment(0) | 日記

2008年01月13日

循環動態に思いを馳せる


こんにちは.


中島(智)です.


今日は外の病院で当直中です.
ここ病院は救急病院であり,救急車がきます.
対応は上級医はおらず,常に判断は自分で行わなければなりません.
プレッシャーはありますが,適切な処置,判断ができたときは自信になります.


今日は90代の女性の方が,足がつったということで来院されましたが,
来院時には独歩可能であり,診察上問題ありませんでした.
『今朝,雪かきしてから少し病んでね』
とのことでした.
元気な年配の方を見て,こころ温まる感じがしました.


現在僕は心臓チームで診療に当たっています.
判断が甘いことがおおく,まだまだだなと感じます.
上級医の先生方には迷惑ばかりおかけいたしております.


循環動態について考えることは非常に興味深く,勉強したいなと感じます.
心臓の動き,輸液量,尿量,点滴の種類と量
全部をトータルに見れる目が必要だなと感じます.
ひとつの指標だけをうまくやろうとしても残りの指標がうまくいってなければ
循環動態は落ち着かないことが多々あります.
利尿剤,強心剤,輸液,電解質をトータルに考え,
循環動態が落ち着いたときは達成感を得ることができます.
何かが変動したときに対処する後追いではなく,
循環動態に思いを馳せ,先を読む循環管理を目指したいと考えます.


2008年に入り早くも10日が過ぎました.
日々の忙しさに流されることなく,一日ごとを大切に過ごしていきたいと思います.




posted by 研修医 at 10:35 | ☁ | Comment(0) | 日記

2008年01月02日

新春

あけまして,おめでとうございます.

中島(智)です.

皆様にとりまして,2007年はどんな年でしたか?
今年も一年宜しく御願いいたします.

2008年1月からは後期研修医全員が所属チームが変わります.
僕,中島は心臓チームで御世話になります.
相変わらず上級医の先生には迷惑かけてばかりですが,
少しでもお役に立てるように頑張ります.
そして,自分自身の知識と技術の向上もしていきたいです.

今年も様々な方に御世話になると思いますが,宜しく御願いいたします.
2008年も引き続き研修医ブログの御愛好よろしく御願いします.


posted by 研修医 at 22:56 | ☀ | Comment(0) | 日記

2007年12月29日

surgical loupe

こんばんは。上原です。
クリスマスが過ぎてあっという間に今年も終わろうとしています。外は雪が降ったり雨になったり強風が吹いたりして、「北海道の冬はやっぱり厳しい...」と実感しているところです。しかし、いろんな人の話によると今年は暖かいそうですね。
最近、私は高い物を買いました。surgical loupeと言って、心臓血管外科の手術で使用する拡大鏡です。4月に入局してから「早く欲しい」、と思っていたのですが高価なものだし、どのメーカーのものを買って良いのか迷いに迷ってやっと買いました。
オーダーメイドのため注文してから1ヶ月半くらいかかり、ちょうどクリスマスの数日前に届きました。クリスマスはケーキも食べず1人で過ごす寂しいものだったのですが、このsurgical loupeを自分へのクリスマスプレゼントとして、loupeをかけて夕飯を食べました。
1月からは血管チームになります。このloupeをかけて来年もがんばろうと思います。
posted by 研修医 at 19:08 | ☔ | Comment(0) | 日記

2007年12月24日

クリスマスイブ


こんにちは中島(智)です.
今日はクリスマスイブです(^^)
久しぶりにブログを書きたいと思います.


クリスマスといえばサンタクロースのプレゼント.
小学2年生までサンタクロースがプレゼントを運んできてくれていると信じていました.
ファミコンのソフトが欲しいとサンタクロースに手紙を書いてもプレゼントはいつも学習道具であり,家は社宅で煙突がなかったりなど,サンタクロースの話とは合わないところは多々ありましたが
(^_^)



皆さんはサンタクロースの存在を信じていますか?



サンタクロースの存在の話題になると必ず思い出す話があるので今日はそれを.
長い文章になります.


高校を卒業し,浪人生活を送っていたときに英語の男性講師の先生が授業中にした話です.
ニューヨーク在住の8歳の女の子が新聞社に寄せた質問とその答えを紹介してくれました.

「こんにちは、しんぶんのおじさん。
 わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか?
      ヴァージニア・オハンロン」

「ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。
じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。
愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、愛もサンタクロースも、ぼくらにかがやきをあたえてくれる。
もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。
サンタクロースがいなかったら、むじゃきな子どもの心も、詩をたのしむ心も、人を好きって思う心も、ぜんぶなくなってしまう。
みんな、何を見たっておもしろくなくなるだろうし、世界をたのしくしてくれる子どもたちの笑顔も、きえてなくなってしまうだろう。
 サンタクロースはいない? いいや、ずっと、いつまでもいる。ヴァージニア、何千年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはずっと、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。」
と新聞記者の返事でした.


浪人時代で勉強,勉強と追い込まれた僕にはものすごく新鮮な話でした.何かを信じる心の大切さを学びました.確かに何かを信じることで自分の生活観,世界観が変わることってたくさんあるなと感じました.
冬の夜空をトナカイに乗ったサンタクロースがプレゼントを運んでいるかもしれないと思って過ごす
クリスマスは,サンタクロースの存在を信じないクリスマスよりちょっとだけ楽しい感じがします.
僕だけでしょうか?


まったく医療と関係ない話で本当に申し訳ありません.
長々となりましたが,好きな話なので紹介させてもらいました.
調べてみたら有名な話みたいで文庫本にもなっているようです.


PS:2007年もあと1週間
  ラストスパートです.
  熱い心でがんばります.

posted by 研修医 at 16:06 | ☁ | Comment(0) | 日記

2007年12月15日

思ひで


こんにちは,中島(智)です.


札幌は本格的に雪が降り始め,本格的に冬に突入した感じがします.
もう12月もあと2週間で終わります.
2007年もあと少しです.
先日,外の駐車場に置いてある自家用車を見たら雪がかなり積もっていました.
雪が積もりすぎて春まで雪の下で過ごす車とならないようにしなければなりません.


本当にこの1年間早かったです.
4月頃はとにかく新しい環境,病院になれることで手一杯でその頃の記憶はおぼろげです.
4月頃と何か変わったかなと考えてみましたが,体重がプラス4kg増えたくらいでしょうか.
腹回りだけ貫禄ついてきたような気がします.


雪,懐かしいです.
小学生のころは,学校帰りに毎日つららで遊んだりして帰宅まで1時間かけ,
中学生のころは,部活帰りに暖かい飲み物飲みながら部活について熱く語り,
高校生のころは,体育で雪中サッカーしたり,部活で雪の中ハンドボールをしていました.
そんな思い出を思い出しながら医局のパソコンでこの文章を書いています.
札幌に帰ってきたなとしみじみ思います.
社会人としての札幌はどんな思い出をつくってくれるのでしょうか?


外では雪がしんしんと降っています.


posted by 研修医 at 11:53 | ☔ | Comment(0) | 日記

2007年12月07日

セルフコントロール



こんにちは.中島(智)です.


人生においてターニングポイントだなと感じる出来事,言葉などretrospectiveに振り返ると
『あっ,あれってそうだったな』と思うこと誰にもあると思います.


今日は僕にとってのそれを書いてみます.


僕の場合はMLBのニューヨークヤンキースに所属している松井秀喜の言葉です.
松井選手は1年目に鳴り物入りでニューヨークヤンキースに入団しました.
しかし,不調の波に襲われたときがあり,ファンは厳しくメディアも含め松井バッシングが起こっていました.
そのときの日本人記者との対話でのコメントです.


記者『バッシングが起きていますが,どう感じられていますか?バッシングを奮発材料に見返そうと思いが働きますか?』
松井『いいえ.バッシングが僕の奮発材料になることもありませんし,バッシングで気分が落ち込むこともありません.他の人のすることは,僕にはどうすることもできないですから.自分のできることをするだけです.』


確かにそうだなと思います.
自分以外の他人のすることは自分ではコントロールできないことです.他の人が思うこと,他の人の行動,他の人が発言すること,はどんなに頑張っても僕自身ではコントロールできないことなのです.だからこそ自分でコントロールできる『自分の思い,自分の行動,自分の言葉』をコントロールしないとなと感じました.他の人の発言を聞き『何でこの人はこんなこと言うんだろう』と怒りを感じていた僕をハッと目覚めさせてくれる言葉でした.


僕は大学時代バドミントンをやっていましたが,野球と競技が異なるバドミントンでもセルフコントロールは大事でした.強い選手ほど試合中に感情の起伏がなく淡々と試合を進め,最後には勝利を手に入れていた気がします.セルフコントロールの為には普段から練習をし,揺ぎ無い自信をつけておくことが前提条件になりますが.



一流選手は技術のみならず,精神面も一流です.
松井選手然り,イチロー選手然り.


この松井選手の発言を知って以来,普段の生活から自分のできることをしっかりしようと心がけています.
何かに対して怒ったりすることを少なくしようとセルフコントロールをいつも考えています.
まだまだ,修行不足ですが・・・



僕の気持ちの根底に常にある部分を綴ってみました.
医療と関係ない話で申し訳ありません.




PS:2007年もあと少しです.
   札幌はそろそろ根雪になりそうな気配です雪



posted by 研修医 at 19:00 | ☁ | Comment(0) | 日記

2007年11月27日

これからもどうぞよろしくおねがいします



こんばんは,中島(智)です.


『研修医ブログ』では教授をはじめ先輩方や同僚の方からコメントを頂き励まされております.
しかし以前から『研修医ブログ』はどの範囲までの方が見られているのだろう?と感じていました.
医療従事者以外の方は見られているのかなと思っていました.


そんな中で今日,嬉しいことがありました.


なんと,入院患者様の御家族が見ていられるとのお話を直接聞きました.

嬉しいことであり,逆にしっかりとした内容を書かなければ
背筋を正さなければと感じました.

今日,ブログは大切な情報発信ツールとなっています.
言葉を大切にしながら,自分の思い,日々の出来事を綴っていきたいと思います.

これからも『札幌医大第二外科研修医ブログ』どうぞ宜しく御願い致します.


posted by 研修医 at 22:44 | ☁ | Comment(0) | 日記

2007年11月21日

それぞれの時

ひさびさに投稿する田淵です.
 札幌は雪が降り,神戸育ちの私には厳しい季節となりました.寒くなると私たち心臓血管外科は忙しくなります.術後の経過もよく,あっという間に退院する患者さんもいれば,退院まで時間がかかる患者さんもいます.それは,その人それぞれの生命力や病気の重さもあるでしょう.しかし,多くの人が元気に退院していきます.
 今日,元気に退院した患者さんの訃報が届きました.いつか人は死にますが,何時,どこで,どんな死が訪れるのかは我々には想像もつきません.1つだけわかっていることは,どんなに医療が発達しても,死から逃れることはできません.そう考えると自分の家族にその時が来たら自分はどんな決断を下すのか,自分だったらどんな死を選ぶのか,ふと考えてしまいます.今日は,自分がその時を迎えるまで,悔いのない,幸せな時間が過ごせればと強く感じた1日でした.
 昨日,永眠された患者さんのご冥福をお祈り申しあげます.また,御家族にお悔やみ申し上げます. 
posted by 研修医 at 23:14 | ☀ | Comment(0) | 日記

2007年11月20日

どうしよう...

昨晩は大学の当直でした.今朝,外を見てみると空気が真っ白で吹雪の状態でした.こんななか,みんな病院にくることができるのか,と思いました.
まだ11月というのに吹雪だと,いったい1月,2月にはどうなるのだろうかと不安です.
本格的な冬が始まった気がして「ああ,どうしよう...」と気持ちが傾きそうです.
みなさん,外を出歩くときには十分に注意してください.
posted by 研修医 at 07:07 | ☁ | Comment(0) | 日記

2007年11月18日

仲間と切磋琢磨する


こんにちは.
中島(智)です.



先日,2回目のwet laboに参加させていただきました.
樋上教授と教室の先生方の御厚意に大変感謝しています.
日常業務,当直業務に多大な迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんでした.



樋上先生,後期研修医4人,初期研修医1名にて参加してきました.
麻酔管理をされた豚3頭を提供していただき
coronary artery bypass graftをさせて頂きました.
樋上先生のデモンストレーションも極間近で見れて大変勉強になりました.
普段手術中に聞けないこともデモ中に聞けて勉強になりました.


今回の勉強できたこと学んだことは大きく3つです.
@ 逃げない
A 学ぶ
B 切磋琢磨


@ 逃げない
 今回,手術の最中にやはり予期せぬことは起こりました.
電気メス使用により心室細動をおこしてしまったり,
出血源を見つけれず縦隔が血で満たされてしまったり,
本当に逃げ出したくなりました.けど逃げてはいけないのです.
完遂するしかないのです.しかし,今の僕には逃げたい心の方が大きかったです.大学病院に戻り,どんなに大きな手術でも完遂する講師の先生の姿を見たときは『やっぱり,先生すごいかっこいいな』と思いました.



A 学ぶ
 勉強不足だなと痛感しました.手術するとわかっているのに手順がしっかりわかっていなくダメだなと本当に反省しました.豚に対して失礼極まりないなと思いました.



B 切磋琢磨
 今回,後期研修医4人とも参加しました.4人揃って何かするのは初めてです.加えて今回4人とも同じ手技を行ったわけです.やはり他の先生がどの程度できているかというのは非常に気になりました.
 僕が行った,内胸動脈のskeletonizaztionは他の先生より劣っていました.内胸動脈に組織が多くついていて見た目にbadでした.
 後期研修医の先生方は本当にいつもいろいろ苦労を共有しあってもらい,いろいろ相談にものってもらって感謝しています.けど,仲間であり,お互い切磋琢磨できる良きライバルでありたいなと今回思いました.共に頑張りましょう!!
 お互いに前立ちした,上原先生にも感謝.


手術自体は何とか完遂できました.
LITA-LAD#7を成功できました.
本当にこのgraftは流れているんだろうかと不安もありました.

吻合が終わった後に心臓が再び心室細動を起こしたのですが,
獣医師さんに『bypassでhigh flowになって心室細動になったと思います.byapssのflow落としていいですか?』と言われたときは嬉しかったです.おそらくbyapssは流れたのだと思います.(ischemic による心室細動の可能性も否定できないのですが・・・)


laboのスタッフさん,獣医師の方々には本当に御世話になりました.
獣医師の先生には,豚が心室細動になった時も心臓を見事に復活させていただき本当に感謝しております.
豚3頭も本当にありがとうございました.


思ったことの羅列となってしまいまとまりのない文章となってしまいました.


本当に今回のような機会があることに感謝です.
どうもありがとうございました.
次の機会があることを願いつつ,今回の経験を日常の臨床に活かせるように頑張ります.





DSCF0882.JPGDSCF0879.JPG

左:後期研修医4人揃っての初めての写真
(右より左に向かって柳清先生,上原先生,田淵先生,中島(智))
右:手術を共にした,上原先生(右)と中島(智)(左)





posted by 研修医 at 10:47 | ☔ | Comment(0) | 日記